ロータリーの起源

ロータリーの始まりは、1905年2月23日の夜のことでした。当時日本では、日露戦争の真只中のことです。 この夜、アメリカのシカゴ市で、4人の市民が、歴史的ともいうべき集会を開きました。 青年弁護士ポール・P・ハリス、石炭商シルベスタ・シール、鉱山技師スターブ・ロア、洋服商ハイラム・ショーレです。この会合の背景には、都会の孤独感、疎外感そして潤いのない社会の満たされい人たちの何かを求めようとする、やむにやまれぬ気持ちが読み取れるのではないでしょうか。 そのような意味で、ロータリーの誕生は、歴史的必然の所産ともいえるでしょう。索漠たる大都会の中に”人の暖かさを求める”この4人が、新しい友人として、まず肩を寄せ合ったことは、ロータリーの誕生として意義深い日でありました。


こうして、”まず親睦から”ロータリーは始まったのです。そして、その夜すでに”一職業一人の会員からなり、相互扶助と親睦をモットーとする”というクラブの理念が確立されたのです。そして更に、会員の資格、例会場の廻り持ちなど、会員の増加と共に、任期、会員資格の得喪などの規定も順次加わり、クラブは急速に成長しはじめました。そして特筆すべきことは、クラブの理念として社会的自覚が加わり、”社会のためにもなる”という目標を持つ一大改革期を迎え、ここに今日のロータリーの原型が固まって来たことです。そして、会員が増えると共に、この実践理論は更に飛躍的に発展し、国際的に受け入れられる処となり、世界の隅々に至るまで(共産圏を除く)拡大し、大きな功績を持った団体にまで発展したのであります。

ポール P.ハリス(PauI Percy Harris)

ロータリーの創始者、職業は弁護士。1868年4月19日、米国ウィスコンシン州 ラシーンに生まれる。1905年2月23日、ロータリーの最初の会合をシカゴのユニティ・ビルで開く。参加者は、ポール・ハリス(38歳 PauI Percy Harris)の他3人の若い実業家 で、石炭商シルベスター・シール(Silveste Schiele)、鉱山技師ガスターバス・ロー ア(Gustavus Loehr)、および洋服仕立業ハイラム・ショーレー(Hiram Shorey)達であ った。1907年にシカゴロータリークラブの会長となり、1910年には全米ロータリー連合会を設立し会長となる。 ポール・ハリスは1947年1月27日79歳で逝去。

2016年度〜2017年度のテーマ

ジョン F. ジャーム国際ロータリー会長は、2016-17年度のテーマとして「人類に奉仕するロータリー」を選びました。社会貢献への熱意をもつ職業人が集うロータリー独自の力を生かせば、大きな目標も達成できる、とするジャーム会長。「世界でもっと大きな『よいこと』をする推進力となるために、固い決意でポリオ撲滅を成し遂げ、ロータリーをさらに前進させながら、これまでの成功をバネに飛躍するときが来たのです」と述べています。